支援対象とならない事案と支出の内容

支援対象とならない支出と事案

申請の効率を高め、従業員への支給の影響を最大化する助けとして、補助金として認められない支出のリストがこちらです。このリストは網羅的なものではなく、ファミリー・フォー・ファミリーズ (Family for Families) によりいつでもアップデートされることがあります。

支出が対象となるか確信が持てない際は、 お問い合わせページから質問を送信できます。.

  • 重罪の犯行または企て、あるいは不法行為に携わったことに伴うあらゆる損失または支出。
  • 保釈金
  • 大学の授業料 / 教育サービス
  • 裁判所に命じされた負債
  • 歯科医療支出
  • 罰金または延滞金
  • 贈与物
  • 弁護士費用等
  • 強盗による個人的財産の喪失(ジュエリー、電気製品など)
  • 医療支出
  • 個人的な快適さのための用品(フィットネス機器、テレビ、加湿器、ラジオなど)
  • 家賃、公共料金、自動車関連支払いなどの事前支払い
  • 政府の支援金の返済(職業安定所に対する未決済の債務など)
  • 給料日またはタイトルローンの返済
  • セラピー料金(個別、結婚、家族、音楽、読書など)
  • 業務関連のケガまたは病気
  • 休暇および関連支出
  • 獣医関連費用